ホーム > 会社案内

会社案内

ごあいさつ

顧客に寄り添い、経営を支援しよう
 

 “働く人が幸せである”、こんな会社を創りたい。これが私の願いであります。では働く人が幸せであるとは、どういう状態を言うのでしょう。一つには、仲間と共に働く幸せである。仲間同士、思いやりのある人間関係の下、楽しい職場であらねばならない。二つ目は、お客様から信頼されているという安心感である。これは働くことの中核を成すものであるが、自分の仕事がお客様の役に立っているという実感を持てる様にすることである。三つ目は、上司による温かいサポートがあるという安心感である。上司は尻を叩くのではなく働く人の立場で、仕事上のトラブルを支え、本人の成長をサポートする存在でなければならない。

 

 世の中には、利益第一主義で、働く人にとってブラックな企業も存在します。分からない訳ではありませんが、できればホワイト、もっと言えばゴールド゙な企業でありたいと願うものです。働く人が幸せでなくて、お客様に幸せを届けることができるでしょうか。私たちのスローガンは“顧客に寄り添い、経営を支援しよう”だからです。

 以前からこのスローガンは掲げていました。でも目に見えないサービスが商品である職業上、働く人が心からそう思ってくれなければ事は成就致しません。“働く人が幸せである”、これは必要条件であります。

 


 ところでこんな考えを抱くようになったのは、ロータリークラブで地区のガバナー補佐を仰せつかったことがきっかけです。ロータリーでは“サービス(=思いやり=相手の利益、相手の幸せを願って、純粋にそれだけになって、相手に接すること)”を根本理念としています。人のため、社会のために役立つ行動を、会員個々が職業を通じて実践するのだ、と教えています。決して目先の利を追うな、とも教えています。企業の継続と発展のためには長期に亘って利潤を安定させること、結局、目先儲かれば良いという商売では信用を得られず、やがて破滅する・・・これは職業にかかわらず、人生一般に通用する人生哲学であります。そして“言うは易く、行うは難し”、なれどこの哲学に今、改宗することを誓うものであります。 

 
こうの経営グループ代表
高野勝良